暮らしと星をもっとみぢかに!星コン。 … 星に関連する情報、プラネタリウム天文台検索など。暮らしと星をみぢかに感じよう星のポータルサイト。
  • トップ,星
  • 暮らし,星
  • プラネタリウム,天文台,星
  • 地域,星
  • 星座,星
  • コンテンツ,星
  •   現在位置   :  トップ  >>  星の検索  >>  つる座

    つる座

    星図で見るつる座 (星にマウスをあわせると星の情報を表示します)
    つる座の周辺
    画像表示に時間がかかる場合がございます。予めご了承下さい。
    つる座 に関する写真
    つる座 の写真、画像一覧です。クリックすると写真のサイトにジャンプします。
    (提供サービス:Yahoo画像検索)
    つる座 とは? (wikipedia)
    つる座 について、wikipediaより表示しています。
    (提供サービス:wikipedia)
    つる座(鶴座、Grus)は、南天の星座の1つ。新しく設けられた星座の中では明るい星が多い方だが、日本では南に低くしか上らないので目立たない。 主な天体 恒星 α星、β星の2つの2等星がある。 α星:アルナイル(Alnair)は、青白色の主系列星。つる座で最も明るい恒星。 β星:赤色巨星。つる座で2番目に明るい恒星。 γ星:アルダナブ(Al Dhanab)は、3.01等星。 由来と歴史 つる座は16世紀以降に作られた新しい星座であり、神話はない。 ペーテル・ケイセルとフレデリック・デ・ハウトマンが残した観測記録を元にペトルス・プランシウスが1597年に作成した地球儀に残したものが最初である。ヨハン・バイエルが1603年に発刊したウラノメトリアでそれを引用したことにより世に知られるようになった。デ・ハウトマンは1603年に出版した星表で Den Reygher「さぎ座」として、プランシウスは、後の1625年に作成した地球儀では Phoenicopterus 「フラミンゴ座」として名付けていたが、最終的にはオリジナルの「つる座」が世に広まった。



    広告
    All About スタイルストア
    星の商品(hoshigu)


    ▲つる座