星コン
皆既日食 solar eclipse
2009年7月22日に、世界の一部の場所で日食を見ることができます。
日本ではこの日食を見ることができ、日本全国で
太陽の形が徐々に欠けていく様子を観察することができます。

特にトカラ列島の島々が位置する九州の屋久島以南、奄美大島以北の島々においては、
太陽の全体が月によって隠される「皆既日食」を見ることができます。
日本で日食が見られる時間帯は、11時前後(10時40分~11時20分)の数分間となり、
特に悪石島で観察できる皆既日食は今世紀最長(6分30秒)の皆既日食と言われています。

日本に限ると前回、皆既日食が見られたのは、今から46年前の1963年7月21日以来で
次回、日本で見られる日食は26年後の2035年9月2日となります。

皆既日食 solar eclipse


solar eclipse 皆既日食
日食(にっしょく、元の用字は日蝕)は太陽が月によって覆い隠される現象のことである。
月の地球周回軌道および地球の公転軌道は楕円であるため、地上から見た太陽と月の視直径は常に変化する。

月の視直径が太陽より大きく、太陽の全体が隠される場合を皆既日食(かいきにっしょく)という。
逆の場合は月の外側に太陽がはみ出して細い光輪状に見え、これを金環日食(きんかんにっしょく)という。

皆既日食と金環日食、及び後述の金環皆既日食を中心食と称する。中心食では本影と金環食影が地球上に
落ちて西から東に移動し、その範囲内で中心食が見られ、そこから外れた地域では半影に入り太陽が部分的に
隠される部分日食が見られる。

半影だけが地球にかかって、地上のどこからも部分食しか見られないこともある。場合によっては、
月と太陽の視直径が食の経路の途中でまったく同じになるため、正午に中心食となる付近で皆既日食、
経路の両端では金環日食になることがあり、これを金環皆既日食と呼ぶが、頻度は少ない。

2005年4月9日にニュージーランドから中南米で観測され、次回は2013年に起こる。
(提供サービス:wikipedia)


日食を見る際の注意 solar eclipse トカラ皆既日食
・日食を直接見ると、目を傷めてしまうため絶対に避けましょう。
・サングラスやプラスチックの下敷きなどを通して見る場合でも、長時間見の観測は避けましょう。
・日食グラスや、真っ黒な白黒フィルムを通して日食を観測しましょう。


日食を見る際の持ち物 solar eclipse トカラ皆既日食


日食を見終わった後に、日食の余韻を楽しむアイテム solar eclipse


日食に関する動画 solar eclipse トカラ皆既日食
過去にあった日食の動画をリストアップしました。トカラ皆既日食のある7月22日まで待てない!という人や、
日食ってどういうもの?という方のために、日食や観望会がどういう雰囲気なのかを予習できます。


旅行記  皆既日食 solar eclipse
タイトルや写真をクリック!すると、旅行記の内容をチョットだけ表示します。
提供サービス by 4travel


参考サイト  皆既日食 solar eclipse


ツアー予約サイト 皆既日食 solar eclipse


星コン 皆既日食 solar eclipse


トカラ皆既日食